東京⼤学史料編纂所国際研究集会『合戦のイメージ形成から 実像を考える』(2019年1⽉26⽇(⼟)、東京⼤学弥⽣講堂 ⼀条ホール)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr

研究会情報です。

●公式サイトはこちら
http://sengokugunkibyoubu.seesaa.net/article/463055451.html

--------------------

東京大学史料編纂所国際研究集会
合戦のイメージ形成から 実像を考える
2019年1月26日(土)12時30分〜17時30分
東京大学弥生講堂 一条ホール (入場無料 事前申込不要)

12:00 開場
12:30 開会挨拶・趣旨説明

<第I部 軍記の成立>
12:40 林晃弘(東京大学史料編纂所)「『東⻄合軍記』と『慶⻑治乱記』」
13:10 湯浅佳子(東京学芸大学)「関ケ原合戦軍記本文の生成−牛一・林家から『慶⻑軍記』へ−」
13:40 金子拓(東京大学史料編纂所)「武功書上・家譜と『地域的軍記』の 成立―大坂の陣における佐竹氏の場合―」

14:10 休憩

<第2部 合戦図の展開>
14:25 金時徳(ソウル大学校)「『絵本太閤記』の挿絵と朝鮮の絵画」
14:55 川合康(大阪大学) 「山内俊綱の「討死」をめぐる諸問題―『平治物語』『平治物語絵巻』『平治合戦図屏風』との関連から ―」
15:25 米田結華(金沢大学)「「大坂夏の陣図屏風」を読む−掠奪と殺戮 の絵画世界−」

15:55 休憩

<第3部 合戦のイメージ形成>
16:10 パネルディスカッション(司会:井上泰至・山本聡美)
17:00 質疑応答
17:20 閉会挨拶
17:30 終了

主催:東京大学史料編纂所/科学研究費補 助金「戦国軍記・合戦図屏風と古文書・古 記録をめぐる学際的研究」(研究代表者堀 新・共立女子大学) 共催:史料編纂所特定共同研究「戦国合戦 図の総合的研究」/画像史料解析センター 「⻑篠合戦図屏風プロジェクト」

【地下鉄】 ・東京メトロ南北線「東大 前」駅下車 徒歩1分 ・東京メトロ千代田線「根 津」駅下車 徒歩8分 【都バス】 ・御茶ノ水駅(JR中央線、 総武線)より ・茶51 駒込駅南口又は東43 荒川土手操車所前行
http://www.hi.u-tokyo.ac.jp/index-j.html
・東大(農学部前バス停) 下車徒歩1分