国立国語研究所「通時コーパスの構築と日本語史研究の新展開」研究発表会(平成30年12月23日 (日) 13:30~17:00、明治大学 中野キャンパス 高層棟 2階 208教室)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr

研究会情報です。

●公式サイトはこちら
https://www.ninjal.ac.jp/event/specialists/project-meeting/m-2018/20181223/

--------------------

開催期日
平成30年12月23日 (日) 13:30~17:00
開催場所
明治大学 中野キャンパス 高層棟 2階 208教室 (東京都中野区中野4-21-1)

入構に際しては,通用口で守衛に身分証明書をご提示ください。

参加費・事前申込み
不要

プログラム
13:30~17:00
研究発表
「近代における和語の用字法の変化 ―表記が増加する語を中心に―」
高橋 雄太 (明治大学大学院生 / 日本学術振興会特別研究員DC)

「近世に見られる「あて字」の近代への伝播について」
銭谷 真人 (日本学術振興会特別研究員PD)

「外来語と翻訳語 ―明治時代の西洋語受容―」
田中 牧郎 (明治大学)