平成30年度 宣長十講 第7講・皇學館大学 中川 照将氏「『源氏物語』の世界 ―宣長以前、宣長以後―」(2018年12月15日 (土)、本居会館 (本居宣長ノ宮内:松阪市殿町1533-2)1回聴講は100円、要申し込み )

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr

講演会情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.norinagakinenkan.com/jyukkou.html#jukkou29

--------------------

開催要項は上記サイトでご確認下さい。

12月15日
第7講 (土) 『源氏物語』の世界 ―宣長以前、宣長以後―
皇學館大学 中川 照将
 『源氏物語』のすばらしさに魅了された宣長は、長年にわたって『源氏』を研究し続け、かの有名な「もののあはれ」論を展開させるまでに至りました。本講では、「もののあはれ」論を根底から支える宣長の『源氏』研究の独自性とその意義について、"年立(年表のようなもの)"と"本文校訂"という二つの視点から考えます。

○ 日 時 毎月第3土曜日(4月、8月を除く) 午後2時より
○ 場 所 本居会館 (本居宣長ノ宮内:松阪市殿町1533-2)
○ 受講料 1,000円(10講分資料代)・1回聴講は100円