第24回平安仏教学会学術大会(平成30年12月7日(金)13時30分より、種智院大学 講義室401)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr

研究会情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.shuchiin.jp/2694/

--------------------

第24回平安仏教学会学術大会
日時: 平成30年12月7日(金)13時30分より
場所: 種智院大学 講義室401

1. 明恵撰『金師子章光顕鈔』について
  浄土宗総合研究所属託研究員 米澤実江子

2. 大比叡明神の祭祀経緯に関する一考察
  ―『耀天記』にみる「鳴鐘神話」の変容を中心に―
  佛教大学大学院博士後期課程
  天台宗典編纂所属編輯員 山中崇裕

3. 大英図書館所蔵のネパール写本から見る写本文化について
  ―ホジソン・コレクションの分析―
  種智院大学准教授 スダン・シャキャ

4. 『門葉記』「相実法印不伝此法事」について
  天台宗典編纂所属編輯員 那波良晃

5. 無上瑜伽タントラに説かれる中有での成仏について
  ―ゲルク派の場合―
  種智院大学客員教授 平岡宏一

6. 日本の天台仏教における重授戒灌頂の法門とその特色
  叡山学院教授 寺井良宣