関西大学東西学術研究所 2018年度 第13回研究例会<非典籍出土資料研究班>(2018年12月8日(土)14:00~17:00、児島惟謙館1階第1会議室)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr

研究会情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.kansai-u.ac.jp/Tozaiken/news/2018/11/2018132018128.html

--------------------

第13回研究例会 <非典籍出土資料研究班>
東西学術研究所研究例会

日 時:2018年12月8日(土)14:00~17:00 
場 所:児島惟謙館1階第1会議室
吹田市山手町3-3-35
 
研究発表

14:00~14:50 「金石文から見た新羅の君主号について」
           /篠原啓方(研究員・文学部教授)

14:55~15:45 「遼宋及び金宋間における擬制親族関係補論
                 ―石刻資料を視野に入れて―」
           /毛利英介(非常勤研究員)

15:50~16:40 「唐前半期の営州における契丹人と高句麗人」
           /森部 豊(研究員・文学部教授)

※聴講無料・事前申込不要

問い合わせ先
関西大学 学長室 研究所事務グループ
e-mail:touzaiken@ml.kandai.jp
〒564-8680 大阪府吹田市山手町3-3-35
Tel:06-6368-0653
Fax:06-6339-7721