東京大学 若手セミナー「人文科学とデジタル」(2018年12月8日 16:00~19:00、東京大学工学部8号館1階第一講義室)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr

研究会情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.c.u-tokyo.ac.jp/info/news/events/20181128133003.html

--------------------

開催日時
2018年12月8日 16:00~19:00

会場
東京大学工学部8号館1階第一講義室(東京都文京区本郷7-3-1)

参加費
無料

申込方法
事前申込不要

挨拶 三浦篤(東京大学総合文化研究科)

登壇者・題目
Léa Saint-Raymond (ENS, Université Paris-Sciences Lettres, Artl@s)
"When digital humanities help you see differently: another story of trends and tastes"

Marco Jalla (ENS, Université Paris-Sciences Lettres, Artl@s)
"Raphael.data : maps, charts, data visualizations about the afterlife of an old master's oeuvre"

柴美春(東京大学総合文化研究科・三浦篤研究室)
「ゴッホの文学的芸術的嗜好の再検討--書簡の統計学的分析から」

井口俊(東京大学総合文化研究科・三浦篤研究室)
「美術史研究におけるデジタルアーカイブの活用--日本での取り組みとその可能性」

松井裕美(神戸大学国際文化学研究科)
「科学技術改革時代における人文学研究の役割--異分野連携の必要性とその課題」

Béatrice Joyeux-Prunel (ENS, Université Paris-Sciences Lettres, Artl@s)
"New methods for the digital conversion of exhibition catalogues: the Artl@s project, from global history to cognitive sciences"