立教大学異文化コミュニケーション学部 創立10周年 公開講演会・温又柔 氏『「国語」から旅立って--自分の言葉で生きること』(2018年12月1日(土)16:30~18:00、池袋キャンパス 11号館地下1階 AB01教室)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr

研究会情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.rikkyo.ac.jp/events/mknpps000000oomg.html

--------------------

2018年12月1日(土)16:30~18:00
池袋キャンパス 11号館地下1階 AB01教室

【作家、温又柔氏を招き、複数の言語、複数の文化を行き来することで見える、「国語」と「自分の言葉」の多様なあり方をテーマにご講演いただく。日本における文化と言語の多様性について、温氏の視点からお話しいただくことで、異文化コミュニケーション学部が設立時より理念として掲げている、複言語・複文化主義、複眼的な思考、「多様性からつくる」ことの意義を考える。】

講師
温 又柔 氏
作家。台北に生まれ、幼少時より東京で、台湾語、中国語、日本語の複数の言語の間で育つ。2009年『好去好来歌』ですばる文学賞佳作を受賞し、作家としてデビュー。これまでに小説『来福の家』(2011)、『真ん中の子どもたち』(2017、第157回芥川賞候補)、エッセイ集として『台湾生まれ、日本語育ち』(2015、第64回日本エッセイスト・クラブ賞受賞)、短編集として『空港時光』(2018)を発表している。

司会
異文化コミュニケーション学部 学部長
浜崎 桂子

対象者
本学学生、教職員、校友、一般
申し込み
事前申し込み 不要
参加費 無料
主催
異文化コミュニケーション学部