大手前大学 交流文化研究所 国際シンポジウム「なぜ学校でマンガを教えるのか?」(2018年12月1日(土)10:00~18:00、大手前大学 さくら夙川キャンパス CELLフォーラム、要申し込み)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr

研究会情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.otemae.ac.jp/news/9655

--------------------

※要申し込み。詳細は上記サイトへ。

【交流文化研究所では、さくら夙川キャンパスCELLフォーラムにて、国際シンポジウム「なぜ学校でマンガを教えるのか?」-日本の場合・アジアの場合-を開催します。

 マンガ研究の第一人者及び漫画家などの先生方が登壇され、教育機関としてマンガを教えることの意味と意義を問う、大変興味深い内容となります。
 皆さまお誘い合わせの上、ぜひお越しください。】

※駐車スペースの都合により、お車でのご来場はお控えください。
 
【日時】 2018年12月1日(土)10:00~18:00

【場所】 大手前大学 さくら夙川キャンパス CELLフォーラム

【登壇者】(50音順、敬称略)
※タイムスケジュールは、以下申込書をダウンロードしてご確認ください。
 ・大塚英志(まんが原作者、国際日本文化研究センター、教授)
 ・倉田よしみ(大手前大学教授、漫画家)
 ・佐藤晴美 (大手前大学教授)
 ・斉梦菲(国際日本文化研究センター大衆文化プロジェクトメンバー)
 ・竹宮惠子(京都精華大学元学長・漫画家)
 ・藤本由香里(明治大学教授)
 ・ヤン・ヘリム(チョンガン文化産業大学、教授)

【参加費】無 料

【お問い合わせ】大手前大学 交流文化研究所
        TEL:0798-34-6331(大学代表)※平日9:30~17:00
        FAX:0798-32-5040