第2回 北海道大学映像・現代文化論学会大会(2018年11月17日(土)10時~17時30分、北海道大学人文・社会科学総合教育研究棟 W409会議室)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr

研究会情報です。

●公式サイトはこちら
https://yaplog.jp/projectmannex/1

--------------------

■日程 2018年11月17日(土)10時~17時30分
■会場 北海道大学人文・社会科学総合教育研究棟 W409会議室
■主催 北海道大学大学院文学研究科 映像・表現文化論講座

総合司会 水溜真由美
・開会の辞 中村 三春

○研究発表
ヤンチョー・ミクローシュの世界における国家統制と儀式
 ―『密告の砦』をめぐって―
  博士後期課程 モルナール・レヴェンテ
  司会 博士後期課程 桒原  彩

大和屋竺『裏切りの季節』における写真運用と「地獄」
  修士課程 崔ブンショウ
  司会 修士課程 佐藤  颯

魚喃キリコ『strawberry shortcakes』と大島弓子『F式蘭丸』からみる少女マンガの技法変遷
  修士課程 鄭ブンイク
  司会 修士課程 堅田  諒

中国映画『緑茶』における分身表象についての考察
 ―「消去された他者」を手がかりに―
  博士後期課程 王  玉輝
  司会 博士後期課程 黄   也

島宇宙の内から外へ
 ―「ウェブ小説」の再評価―
  博士後期課程 酒井駿太郎
  司会 博士後期課程 杉本 圭吾

〇講演
  講師紹介 応   雄

雑司ヶ谷の光と影
 ―『東京暮色』(1957年)と『珈琲時光』(2003年)―
  京都大学大学院准教授 木下 千花

・閉会の辞 押野 武志

・懇親会