2018(平成30)年度 昭和文学会 秋季大会・特集 〈炭鉱〉の現在(2018年11月10日(土)午後1時より、大東文化大学 板橋キャンパス1号館 101教室)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr

研究会情報です。

●公式サイトはこちら
http://swbg.org/wp/?p=1390

--------------------

2018(平成30)年度 昭和文学会 秋季大会

特集 〈炭鉱〉の現在

日時 11月10日(土)午後1時より

会場 大東文化大学 板橋キャンパス1号館 101教室
(〒175-8571 東京都板橋区高島平1−9-1)


開会の辞
大東文化大学文学部教授 藤尾 健剛

【講演】
炭鉱――グローバル近代の凝縮流――
青木 恵理子

【研究発表】
村山知義「〈ルポルタージュ〉石炭の中の人生」の〈記録性〉
鴨川 都美

働くことと記録すること――上野英信の描く〈炭鉱〉の射程――
茶園 梨加

スクリーンの中の〈炭鉱〉――崩落・飛翔・胎動――
友田 義行

【ディスカッション】

青木 恵理子・鴨川 都美・茶園 梨加・友田 義行

閉会の辞
和田 博文(代表幹事)

司会 竹田 志保・吉田 和佳子