武蔵野美術大学美術館・図書館、展覧会「和語表記による和様刊本の源流」を開催:良質な複製図版の作成や類似字形検出システムの開発等も紹介(カレントアウェアネス・ポータル)2018年11月1日(木)の開催記念講演会にて、ロバート・キャンベル(国文学研究資料館 館長) ×神作研一(国文学研究資料館 教授)の特別対談あり

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr

【武蔵野美術大学美術館・図書館が、武蔵野美術大学美術館において、2018年11月1日から12月18日にかけて、展覧会「和語表記による和様刊本の源流」を開催します。

同大学の研究プロジェクト「日本近世における文字印刷文化の総合的研究」の研究成果を紹介するもので、日本の近世における木版印刷による刊本を、造形的視点から再見することにより、「和様刊本」を日本の造本デザイン史に位置づけることを目的としています。

また、漢字・平仮名・片仮名などの字形をはじめ、料紙・印刷・製本等、造本における造形要素の考察を通して、和語表記による「和様刊本」の多様な造本美の世界を紹介するとしています。】
詳細は以下より。
http://current.ndl.go.jp/node/36806

■2018年11月1日(木)
15:00-18:40
会場
美術館ホール/図書館1階大階段
参加方法
入場無料/先着順(予約不要)/直接会場へお越しください

司 会 本庄美千代(本学視覚伝達デザイン学科講師、本学造形研究センター客員研究員)

「江戸の出版」開催記念特別対談
  出 演:ロバート・キャンベル(国文学研究資料館 館長)
     :神作研一(国文学研究資料館 教授)
  時 間:15:00 - 16:00
  会 場:美術館ホール

「和語表記による和様刊本の源流」開催記念講演
  講 師:新島実(本学視覚伝達デザイン学科教授、本学造形研究センター研究プロジェクト長、本展監修)
  時 間:16:00 - 17:00
  会 場:美術館ホール

能「船弁慶」 、居囃子「三井寺」 開催記念 能楽公演
  出 演:林 宗一郎(観世流能楽師)他
  時 間:17:20 - 18:40
  会 場:図書館1階大階段