徳田秋聲記念館 青果生誕140年記念「『檻(おり)』―真山青果との友情」(2018年11月2日(金)~ 2019年3月10日(日))

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr

展示会情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.kanazawa-museum.jp/shusei/exhibit/index.html

--------------------

会期:2018年11月2日(金)~ 2019年3月10日(日)

【小説家・劇作家として知られる真山青果。大正期には『誘惑』、『路傍の花』、『二つの道』といった秋聲作品の舞台化を手がけ、その後も生涯を通じ交流をもちました。明治末期、国木田独歩の死をめぐって文壇仲間と衝突し、また原稿の二重売り問題によりやがて小説の道から遠ざかった青果につきまとう葛藤を、秋聲は〈余程苦しい人にできてゐる、淋しい人に出来てゐる〉と評し、ある一定の距離から常に見守る姿勢を見せています。しかしその一方で、青果との旅行の日々を「檻(おり)」と表現し、小説に綴った秋聲――。 
 この展示では青果と秋聲の〈切つても切れないやうな友情関係〉についてご紹介します。】