日本音声学会 第338回研究例会(2018年12月1日(土)13:00-17:00、宇都宮共和大学 宇都宮シティキャンパス 4階401講義室)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr

研究会情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.psj.gr.jp/jpn/regular-meeting/338th.html

--------------------

日時 2018年12月1日(土)13:00-17:00
会場 宇都宮共和大学 宇都宮シティキャンパス 4階401講義室
住所 〒320-0811栃木県宇都宮市大通り1-3-18
http://www.kyowa-u.ac.jp/guide/access.html

事前登録 事前申し込みは不要、参加費無料

プログラム:
会長挨拶(13:00-13:05)
口頭発表 Oral presentations(13:05-16:55)

13:05-13:45
李墨彤 Motong LI (大阪大学大学院)
「首都圏方言話者による架空外来語のアクセント型の生成及び自然度評価」
"Production and Naturalness Judgements of Accent Patterns in Made-up Loanwords by Tokyo Metropolitan Dialect Speakers"

13:50-14:30
大井川朋彦 Tomohiko Ooigawa (日本大学国際関係学部)
「中学検定教科書の付属CDの音声と英語学習者のcan及びcan'tの知覚の関係」
"The relationship between the sounds on the authorized junior high school textbook CDs and the perception of "can" and "can't" by Japanese learners of English"

14:45-15:15
邊姫京 Byun Hi-Gyung (国際教養大学)・河津基 Kawatsu Motoi (長崎外国語大学)
「二型式アクセント地域における東京語アクセントの聞き取り―鹿児島方言母語話者を対象に―」
"Tokyo accent perception ability for native speakers of two-pattern accent: A case of Kagoshima dialect"

<15:15-15:30 休憩>

15:30-16:10
吉田夏也 Natsuya YOSHIDA (国立国語研究所)・北原真冬 Mafuyu KITAHARA (上智大学)・白勢彩子 Ayako SHIROSE (東京学芸大学)
「無声化母音の知覚に関する実験」
"An experimental study of perception of Japanese vowel devoicing."

16:15-16:55
世木秀明 Hideaki Seki (千葉工業大学)・今泉敏 Satoshi Imaizumi (東京医療学院大学)
「調音結合としての母音無声化-口唇運動解析に基づく検討-」
"Vowel devoicing as a co-articulatory effect -Examination based on lip motion analysis-"

<17:00 閉会>