国立国会図書館開館70周年記念展示講演会(関西) 井上章一氏(国際日本文化研究センター教授)「本でまなぶこと 街がおしえてくれること」(2018年 11月10日(土) 14時00分~15時30分、国立国会図書館 関西館 地下1階 大会議室、要申し込み)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr

研究会情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.ndl.go.jp/jp/event/events/20181110lecture.html

--------------------

※申し込みは上記サイトでご確認ください。

【国立国会図書館では、開館70周年を記念した展示会「本の玉手箱―国立国会図書館70年の歴史と蔵書―」を開催します。
この関連イベントとして、井上章一氏 (国際日本文化研究センター教授)をお招きし、関西館で、11月10日(土)に講演会「本でまなぶこと 街がおしえてくれること」を行います。
皆様のご来場をお待ちしております。】

【講師からのメッセージ
私は風俗史と建築史の勉強をしてきました。テーマは、本から見つけることもありますが、街で見い出すこともあります。図書館にこもる一方で、私は街歩きの機会も大事にしてきました。寺山修司のひそみに倣えば、「書を捨てず、街に出よう」、といったところでしょうか。それぞれの効用について、私なりに考えてきたことを、当日は語らせて下さい。】

日時 2018年 11月10日(土) 14時00分~15時30分
会場 国立国会図書館 関西館 地下1階 大会議室
募集人数 250名
参加費 無料