神奈川近代文学館 特別展「寺山修司展 ひとりぼっちのあなたに」(2018年(平成30)9月29日(土)~11月25日(日))

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr

展示会情報です。

●公式サイトはこちら
https://www.kanabun.or.jp/exhibition/8506/

--------------------

【寺山修司(1935~1983)が47歳で亡くなってから35年が経過した。本展は、寺山の秘書兼マネージャーをつとめた田中未知氏が長年収集・管理してきた資料を中心に構成。 類いまれな才能が生み出した多様な表現世界を重層的に紹介し、寺山修司とは何者であったのかを探る。また、あらゆる活動を通して寺山がこだわり続けた「言葉」を会場内外に掲げ、その伝えたかったことを繙く。精神的、社会的に孤独を抱えながら現代を生きる我々へ時空を越えて発せられるメッセージを、この機会に受け取っていただければ幸いである。】

【会期】
2018年(平成30)9月29日(土)~11月25日(日)
休館日は月曜日(10月8日は開館)
【開館時間】
午前9時30分~午後5時(入館は4時30分まで)
【会場】
神奈川近代文学館第2、3展示室

【観覧料】
一般600円(400円)、65歳以上・20歳未満及び学生300円(200円)、高校生100円、中学生以下無料
*(  )内は20名以上の団体料金
※身体障害者手帳、愛の手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方は無料(詳しくはお問い合わせください)

【主催】
県立神奈川近代文学館・公益財団法人神奈川文学振興会
【編集委員】
三浦雅士 田中未知 祖父江慎
【特別協力】
テラヤマ・ワールド、三沢市寺山修司記念館
【後援】
NHK横浜放送局、FMヨコハマ、神奈川新聞社、tvk(テレビ神奈川)
【協賛】
KADOKAWA、京浜急行、相模鉄道、東京急行電鉄、横浜高速鉄道、神奈川近代文学館を支援(サポート)する会
【広報協力】
KAAT 神奈川芸術劇場

※著作権等につきましては、極力調査致しましたが、お気づきの点がございましたら御連絡下さい。
関連行事 ※行事についての詳細は、催し物のページをご覧ください。

寺山修司展 記念イベント

①9月30日(日)  シンポジウム「寺山修司の現場」 出演・J・A・シーザー 田中未知 祖父江慎 三浦雅士 
②10月7日(日) 朗読とトーク「地獄篇=悲しき自伝/長い遺書」 出演・三上博史/トーク出演・田中未知 
③10月20日(土)  「横浜サウンド・クルーズ」公開録音 出演・NHK横浜放送局アナウンサー、キャスター
④10月21日(日)  トークイベント「少年少女たちの行方――寺山修司の21世紀」
        出演・J・A・シーザー 幾原邦彦/聞き手・三浦雅士 
⑤11月2日(金)、3日(土・祝) 文芸映画を観る会 「草迷宮」  原作・泉鏡花 監督・寺山修司 出演・若松武、三上博史ほか
⑥11月17日(土)  講演会「ベジャール/テラヤマ/ピナ・バウシュ」 講師・三浦雅士 


ギャラリートーク

会期中毎週金曜日 14:00~ 会場:エントランスホール 展示解説:当館職員
予約不要 参加無料(要展示観覧料)