平成30年度 第1回 関西大学国文学会研究発表会(平成30年7月28日(土)午後1時30分より(受付開始午後1時より)、関西大学文学部 第一学舎 第一号館(A棟)301教室)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr

研究会情報です。

●公式サイトはこちら
http://kokubun.sakura.ne.jp/wp/?p=1104

--------------------

日時:平成30年7月28日(土)午後1時30分より(受付開始午後1時より)
会場:関西大学文学部 第一学舎 第一号館(A棟)301教室
総会

<研究発表>
「国宝『信貴山縁起絵巻』第一巻「山崎長者巻」に関する一考察」
本学大学院博士前期課程 大西 春香(中世)

「近世初期にみる漢字字体規範の研究―「節用集」を資料に―」
本学大学院博士後期課程 徐 茂峰(国語学)

「類義語との関係から見たコノゴロの変遷」
本学大学院博士後期課程 山際 彰(国語学)

《講演》 午後4時より
「話芸と日常会話の接点」
本学文学部教授 日高 水穂

※ 講演終了後、懇親会を予定しております。
E-mail : kokubun@cm.kansai-u.ac.jp
TEL:06-6368-0321