総合図書館が公開するデジタル画像等が自由に使えるようになりました(東京大学附属図書館)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr

【総合図書館が公開するデジタル画像やメタデータをもっと便利に活用してもらうために、当館ではデジタル画像等の利用条件を変更しました。
総合図書館の所蔵資料のうち、以下の条件に該当する画像等は利用目的を問わず、特段の手続きなく利用することができます。是非、ご活用ください。

■対象となるデータの条件:次の条件を全て満たすものが対象です
・総合図書館の所蔵資料のうち、著作権の保護対象ではない資料のデジタル画像及びその関連データ
・総合図書館がインターネット上に公開したもの】
詳細は以下より。東京大学附属図書館。
https://www.lib.u-tokyo.ac.jp/ja/library/general/news/20180621

※■対象となる画像等(2018年6月現在)
鴎外文庫書入本画像データベース上の公開画像
霞亭文庫
紀州熊野浦諸鯨之圖
貴重書コレクション ※富士川文庫を除く
救世主像
三十六歌選絵巻
地震火災版画張交帖
稿本「自然真営道」
写真帖「東京帝国大学」
直江状
百鬼夜行図
松乃栄
明・弘治十八年八月二十日勅命

※利用条件:画像データ等の利用について
https://www.lib.u-tokyo.ac.jp/ja/library/general/reuse

○東大図書館の名状しがたいCCライセンスのようなもの(やた管ブログ、6/23記事)
http://blog.livedoor.jp/yatanavi/archives/53350884.html