早大名物教授「過度な求愛」セクハラ疑惑(プレジデントオンライン)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr

【早稲田大学文学学術院の大学院生だった女性が、文芸評論家でもある同大学の渡部直己教授から性的なハラスメントを受けたとして、大学に「苦情申立書」を提出していたことが、早大や女性への取材でわかった。渡部教授はプレジデントオンラインの取材に対して「文言は覚えていないが、過度な求愛をしてしまった。大学の処分を待って身を処すつもりです」とハラスメントを認め、辞任の可能性を示唆した――。】
詳細は以下より。プレジデントオンライン。
http://president.jp/articles/-/25434