EACS: 東アジア古典学の次世代拠点形成 著者と語る(3)加須屋誠氏(2018年7月27日(金)14:30~18:00、東京大学駒場キャンパス18号館 コラボレーションルーム3)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr

研究会情報です。

●公式サイトはこちら
http://eacs.c.u-tokyo.ac.jp/ja/events/2018/283/

--------------------

日時 2018年7月27日(金)14:30~18:00
会場 東京大学駒場キャンパス18号館 コラボレーションルーム3
講師 加須屋誠先生

概要

「著者と語る」第3回は、加須屋誠先生を講師としてお招きし、ご著書『生老病死の図像学 仏教説話画を読む』(筑摩選書、2012年)を中心に、他のご著書『仏教説話画の構造と機能 彼岸と此岸のイコノロジー』(中央公論美術出版、2003年)、『病草紙』(中央公論美術出版、2017年)、『美術史と他者』(晃洋書房、2000年)なども横断的に扱います。

●講師
加須屋誠先生

●ディスカッサント
永井久美子(東京大学)
龔嵐(東京大学)
北川原慧琳(東京大学)

主催

科研プログラム「東アジア古典学の次世代拠点形成──国際連携による研究と教育の加速」