川端康成学会第45回大会 特集:世界のなかの川端文学【坂井セシル氏、ツベタナ・クリステワ氏講演】(2018年6月24 日(日)14:00 より、昭和女子大学8号館西棟5L44)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr

研究会情報です。

●公式サイトはこちら
http://kawabatayasunari-academy.org/2018/06/02/川端康成学会-第-45-回大会/

--------------------

※詳細は上記サイトへ。

*当日受付にて、参加費500 円を頂きます。ご了承ください。

日時 6月24 日(日)14:00 より 場所 昭和女子大学 8号館西棟5L44

特集:世界のなかの川端文学

*講演
「21 世紀からみた川端康成とフランスの受容 ―歴史性、翻訳の功績、カノン化 をめぐって」

パリ・ディドロ大学教授 日仏会館・フランス国立日本研究所所長 坂 井 セシル

「掌の川端」
国際基督教大学教授 ツベタナ・クリステワ

*閉会の辞 川端康成学会会長 片 山 倫 太 郎

司会 田 村 充 正