シンポジウム「日本戦前映画論―映画理論を再発見する」【登壇者: アーロン・ジェロ―(イェール大学教授) 岩本憲児(早稲田大学名誉教授) マーク・ノーネス(ミシガン大学教授)】(2018年7月14日(土)15時~17時30分(14時30分開場)、早稲田大学 早稲田キャンパス26号館(大隈タワー)地下多目的講義室)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr

研究会情報です。

●公式サイトはこちら
http://flas.waseda.jp/jcs-j/2018/06/05/シンポジウム「日本戦前映画論―映画理論を再発/

--------------------

※詳細は上記サイトの画像にて。

日時 2018年7月14日(土)15時~17時30分 (14時30分開場)
会場 早稲田大学 早稲田キャンパス26号館(大隈タワー)地下多目的講義室(下図参照)
登壇者: アーロン・ジェロ―(イェール大学教授) 岩本憲児(早稲田大学名誉教授) マーク・ノーネス(ミシガン大学教授)
*シンポジウムは日本語で行われます
*入場無料・予約不要 (先着70名様)