国立国語研究所「対照言語学の観点から見た日本語の音声と文法」研究発表会(平成30年6月9日、国立国語研究所 3階 セミナー室)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr

研究会情報です。

●公式サイトはこちら
https://www.ninjal.ac.jp/event/specialists/project-meeting/m-2018/20180609-03/

--------------------

開催期日
平成30年6月9日 (土) 13:30~17:00
開催場所
国立国語研究所 3階 セミナー室 (東京都立川市緑町10-2)

事前申込み不要,参加無料

プログラム

13:30~14:30
発表① 「デンマーク語イントネーションに関する初期調査報告」
"Preliminary report on Danish intonation"
三村 竜之 (室蘭工業大学)
MIMURA Tatsuyuki (Muroran Institute of Technology)

14:45~15:45
発表② 「チベットブルマ諸語の声調について」
"Tonal aspects of some Tibeto-Burmese languages"
川原 繁人 (慶應義塾大学),李 勝勲 (国際基督教大学),桃生 朋子 (目白大学)
KAWAHARA Shigeto (Keio University), LEE Seunghun (International Christian University), MONOU Tomoko (Mejiro University)

16:00~17:00
発表③ 「日本語の有声性の対立に関する語彙的競合の影響について」
"The influence of lexical competition on voicing contrast in Japanese"
北原 真冬 (上智大学),田嶋 圭一 (法政大学),米山 聖子 (大東文化大学)
KITAHARA Mafuyu (Sophia University), TAJIMA Keiichi (Hosei University), YONEYAMA Kiyoko (Daitobunka University)