神奈川県立金沢文庫・特別講演会 湯山賢一(神奈川県立金沢文庫長)「経典と料紙」(2018年6月30日(土曜日) 13時30分から15時まで、神奈川県立金沢文庫 大会議室(地下1階)、要申し込み)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr

研究会情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.pref.kanagawa.jp/docs/u6p/evt/e5289543.html

--------------------

※要申し込み。詳細は上記サイトへ。

【後漢の蔡倫によって105年に開発された製紙技術が、その後に飛躍的に発展したことは、漢訳経典の書写事業との関連なくしては語れません。正に我が国の和紙の発展も仏典の書写事業と密接な関わりがありました。経典と料紙の関係についてお話いたします。】

【日時】6月30日(土曜日) 13時30分から15時まで
【講師】湯山 賢一(神奈川県立金沢文庫長)
【会場】神奈川県立金沢文庫 大会議室(地下1階)
【定員】100名(応募多数の場合は抽選)
【参加費】無料(当日受付で観覧券をお求めください)