第20回 国際浮世絵学会 春季大会(2018年6月10日(日)、法政大学 外濠校舎5階S505教室)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr

研究会情報です。

●公式サイトはこちら
http://ukiyoesociety.blogspot.jp/2018/05/blog-post.html

--------------------

※上記サイトに発表要旨あり。

第20回 国際浮世絵学会 春季大会
2018年6月10日(日)
法政大学 外濠校舎5階S505教室
(東京都千代田区富士見2-17-1) JR・地下鉄市ヶ谷駅または飯田橋駅より徒歩10分
どなたでもご参加いただけます。

9;50 受付開始
10:20-10:30 開会の辞 小林 忠 会長 浅野秀剛 理事長

午前・研究発表    
司会)大久保純一

10:30-11:10
「文政期前後の山水名所題絵入狂歌本の出版とその改題・再印-浮世絵風景画流行の前史として-」
Publication and Republication of Kyôka Books with Landscape Illustrations in 1820s: Prehistory of the Landscape Prints Boom in 1830s
小林ふみ子(法政大学)

11:10‐11:50
「三代豊国の謎を解く-書簡という鍵-」
Solve the mystery of SanndaiToyokuni
神谷勝広(同志社大学)

11:50-12:50   昼食休憩(第40回理事会)S502教室

12:50-13:30   第20回通常総会 司会)田辺昌子

午後・研究発表
司会)桑山童奈

13:40-14:20 
「西南戦争の文化史的側面-西南戦争錦絵および諷刺画の多様性 -」
Cultural History of Satsuma Rebellion 
高橋未来(立教大学大学院)

14:20-15:00
「肉筆浮世絵の裏彩色技法をめぐる史的考察」
A Historical Study of Urazaishiki (Reverse Coloring) in Ukiyo-e Paintings
廣海伸彦(出光美術館)

15:10‐15:20
第12回国際浮世絵学会賞授賞式     
司会)加藤陽介

学会賞受賞者:藤澤紫氏、山尾剛氏
選考経緯ならびに国際浮世絵学会賞授与 小林 忠 会長

第12回国際浮世絵学会賞受賞記念講演
15:30-15:50
「雑談」山尾剛氏(美術店 絵草子)

15:50-16:30  
「愛される「美人画」―暮らしとメディア文化―」藤澤紫氏(国學院大學)

17:00- 懇親会        
司会)村瀬可奈・西田亜未
会場:市ヶ谷GRATOR(総武線市ヶ谷駅より徒歩3分)
千代田区九段北4-3-14 市ヶ谷グラスゲート 1F

【大会参加費】 会員は無料です。受付で本年度の会員証をご提示下さい。
        一般の方も歓迎いたします。事前予約不要です。
        当日受付へお越しください。一般\1,000、学生\500
【懇親会参加費】国際浮世絵学会 会員\5,000、一般\6,000、学生一律\3,000