2018年度 大東文化大学日本文学会春季大会【和田律子氏講演会あり】(2018年5月18日(金)、板橋校舎多目的ホール)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr

研究会情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.daito.ac.jp/education/literature/news/details_25567.html

--------------------

二〇一八年度 大東文化大学日本文学会春季大会
日時 二〇一八年五月十八日(金)午前十時より
会場 大東文化大学板橋校舎多目的ホール

午前の部 (午前十時より)

○開会の辞
日本文学会代表 藤尾 健剛

○研究発表
上代
上代仏教説話研究
山口ゼミ 佐藤圭悟

近世
絵巻に見る漫画文化
~岩佐又兵衛『山中常盤物語絵巻』を事例として~
池山ゼミ 蒲生泰大

近・現代
「泥濘」から「Kの昇天―或いはKの溺死」へ
下山ゼミ 須藤雅子

近・現代
菊池寬『真珠夫人』瑠璃子の人物造形について
滝口ゼミ 徳永美奈子

比較文学・文化
『レ・ミゼラブル』論―明治期の翻訳における宗教性の問題―
美留町ゼミ 虎尾理左

午後の部(午後二時より)

○研究発表
『枕草子』地名類聚「渡は」章段について
博士前期課程 安藤久瑠美

○講演会
藤原頼道の領導意識について
―「高陽院行幸和歌」時代を中心に―
流通経済大学教授 和田律子先生

○総会

○閉会の辞
日本文学会幹事会代表 黒澤くるみ

懇親会