【訃報】木越治氏(金沢大学名誉教授、日本近世文学)、葬儀は近親者のみで営みすでに終了。

投稿日:

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr

がんのため、2018年2月23日午後10時23分、東京都品川区の昭和大病院で死去、69歳。金沢出身。喪主は妻・秀子さん。葬儀は近親者のみで営みすでに終了しています。
1971(昭和46)年、金沢大学法文学部卒。東大大学院人文科学研究所修士課程修了、富山大学助教授などを経て、83年に金沢大学助教授、98年に同大教授に就任、2010年に上智大学教授、15年退職。

以上、北國新聞に掲載の訃報情報(紙媒体)をもとに、記述しました。
謹んで哀悼の意を表します。

○上智大学 » 文学部 » 国文学科 » 木越研究室、研究業績
http://kigoshi.sophia.labos.ac/ja/page/p1.html

○木越治の研究室
http://kigoshi.sophia.labos.ac

○俳号は三七丸のblog(木越治氏ブログ)
http://blog.livedoor.jp/ki54036/

○太鼓演奏(木越治)
https://www.youtube.com/watch?v=BlP8VlMBDek

○講談「菊花の契」(木越治)
https://www.youtube.com/watch?v=ksYYjcRgOMg&t=20s

○木越 治・「まほろばの会」のことなど●リポート笠間57号より公開
https://t.co/Wb0YvvYlP2

○木越 治「現代語訳と研究」[上田秋成から考える]【特集・古典の現代語訳を考える】●リポート笠間59号より公開
https://t.co/O1bMJ09dOf

○木越 治「飯倉洋一氏へ 作品論のために」【ミニ特集・論争!】●リポート笠間61号より公開
https://t.co/IHMbhQoa4K

○縁起のようなもの ─上田秋成研究文献目録について─(木越 治)※PDF3ページ目
https://t.co/3d3suqFdei

○「菊花の約」研究史(木越治)『上田秋成研究事典』
http://kigoshi.sophia.labos.ac/file/129e6520-2b16-11e6-b627-795c1de701a9/


[学歴]
1971年 3月  金沢大学法文学部文学科国語国文学専攻課程 卒業
1974年 3月  東京大学大学院人文科学研究科国語国文学専修課程修士課程 修了
1975年10月  東京大学大学院人文科学研究科国語国文学専修課程博士課程 中途退学
[学位]
1996年 3月  博士(文学)『秋成論』(東京大学)
[職歴]
1974年 4月  学校法人根津育英会武蔵高等学校教諭
1975年10月  富山大学教養部専任講師、助教授を経て
1983年10月  金沢大学教養部助教授
1996年 4月  金沢大学文学部助教授
1998年10月  金沢大学文学部教授
2008年 4月  金沢大学人間社会研究域歴史言語文化学系教授(改組による組織名称変更)
2010年 4月  上智大学文学部国文学科教授
2015年 3月  上智大学文学部を退職
       武蔵中学・上智大学・清泉女子大学で非常勤講師をつとめる
[所属学会]
日本近世文学会,日本文学協会,俳文学会など