2017年度日本語学会論文賞に、服部紀子氏「江戸期蘭語学における日本語の格理解―『六格前篇』と『和蘭語法解』を比較して―」(『日本語の研究』第13巻1号、2017年1月)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr

【『日本語の研究』第13巻(2017年刊行)の「論文」の中から選考されました(2018年3月授賞論文決定)。】とのことです。
授賞理由等、詳細は以下より。日本語学会。
https://www.jpling.gr.jp/kaiin/gakkaisyo/ronbunsyo/#ronbunsyo2017