第119回「書物・出版と社会変容」研究会・第18回酖奇会(2018年4月7日(土)、一橋大学佐野書院(国立市、一橋大学西国立キャンパスの南側))

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr

研究会情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.soc.hit-u.ac.jp/~wakao/index.htm

--------------------

※それぞれの詳細は、上記公式サイトをチェックしてください。
酖奇会についての、鈴木俊幸氏御口上、あり。

日時: 2018年4月7日(土)11時~12時(開場は10時半)
      第18回 酖奇会(たんきかい)

同日 13時~ 第119回書物研
報告者:古畑侑亮氏(一橋大学大学院社会学研究科博士後期課程):
      「幕末・明治の「好古家」と新井白石―明治14年設立の白石社の周辺」(仮題)
   :殷暁星氏(立命館大学):
      「近世日本における郷約の受容」(仮題)

会場:一橋大学佐野書院(国立市、一橋大学西国立キャンパスの南側)
国立駅を降りて、大学通りをまっすぐに歩いていただき、正門を通り過ぎ、最初の角を右に入って30メートルぐらい行くと佐野書院があります