日本言語学会第155回大会(2017年11月)の大会発表賞に、木本幸憲氏、髙橋 康徳氏

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr

<日本言語学会第155回大会(2017年秋季,立命館大学)発表賞>(2件)
・木本 幸憲氏
  「状態性と事態解釈:アルタ語(フィリピン)に見られる非動作動詞」
・髙橋 康徳氏
  「定量的な観点から見た上海語の変調域」

詳細、授賞理由等は以下よりご確認ください。日本言語学会サイト。
http://www.ls-japan.org/modules/news/details.php?bid=388