日本伝統音楽研究センター第50回公開講座「義太夫節通し狂言の複曲 第二回」(平成30年2月4日(日) 午後1時開演、京都市男女共同参画センター ウィングス京都、受講料 1,000円、要申し込み)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr

講座情報です。

●公式サイトはこちら
http://jupiter.kcua.ac.jp/jtm/events/lecture/2017/0204.html

--------------------

※申し込み方法は上記サイト参照のこと。

【日本伝統音楽研究センター山田智恵子教授の退任を記念して開催する本講座では、研究成果に関するお話と、女流義太夫節の人間国宝であり本学の客員教授でもある竹本駒之助師により、伝承を失った義太夫節の音楽の復元演奏をします。】

内容

●義太夫節の音楽学的復元に関する研究報告

山田智恵子(京都市立芸術大学日本伝統音楽研究センター教授)
神津武男(京都市立芸術大学客員研究員・早稲田大学演劇博物館招聰研究員)
太田暁子(鶴澤三寿々)
(東京音楽大学鰯卜常勤講師・一般社団法人義太夫協会正会員)

●演奏『祇園祭礼信仰記』二段目切「けし畠の段」

女流義太夫人間国宝 竹本駒之助
三味線 鶴澤三寿々

●「復曲について」演奏者と研究者による座談会

研究者 山田智恵子、神津武男
演奏者 竹本駒之助、鶴澤三寿々