第39回 表記研究会研究発表会(2018年 1月20日 (土)  12:30~17:30、清泉女子大学 本館2階大会議室)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr

研究会情報です。

●情報入手はこちらから・日本語学会
https://www.jpling.gr.jp/gakkai/gakkaibbs.php

--------------------

日時 2018年 01月 20日 (土)  12:30~17:30
場所 清泉女子大学 本館2階大会議室
(JR五反田駅、大崎駅からそれぞれ徒歩約10分、JR品川駅から徒歩約15分)
住所 東京都品川区東五反田3-16-21
http://www.seisen-u.ac.jp/access/index.php

内容
発表題目および発表者
12:30~14:00
『秋萩帖』の書写者と作者について―ヲコト点展開史上の一問題として―
大阪大谷大学  宇都宮啓吾氏

14:15~15:45
馬琴読本の仮名表記―稿本から板本への字体の書き換えを通じて―
大阪大学大学院生  市地英氏

16:00~17:30
日本古代の木簡にみえる習書の筆画について
東大阪大学  井上幸氏

備考
・当日、参加費として500円をいただきます。
・研究発表会後に、懇親会を行う予定です。懇親会に御出席の方は、お手数ながら、1月5日(金)までに今野真二(清泉女子大学)まで御一報いただければ幸いに存じます。
・追って書面による御案内も郵便にて送付いたします。これまで書面での案内を受け取られていない方で、送付を希望される方がいらっしゃいましたら、内田宗一(東京家政学院大学)まで御連絡下さい。
・出張依頼状が必要な方は、内田宗一まで御連絡下さい。書面による御案内とあわせて郵送いたします。