上智大学国文学会平成二十九年度冬季大会(平成30年1月20日(土) 午後1時30分~、上智大学六号館(ソフィアタワー)三階三〇二教室)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr

研究会情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.sophia.ac.jp/jpn/info/event/2017/1/event_2789

--------------------

[第一部]研究発表(午後一時四十分~)
〇芥川龍之介「芋粥」論―侍たちにおける他者の不成立―
上智大学大学院博士後期課程 木村 素子
〇『古今集遠鏡』における「飽かず」の訳出をめぐって
都留文科大学・フェリス女学院大学非常勤講師 遠藤佳那子

[第二部]パネル・ディスカッション(午後三時二十分~)
「日本辞書言海」の解剖
パネリスト
湯浅 茂雄(実践女子大学教授)
佐野 摩美(光塩女子学院中・高等科教諭)
岩澤 克 (上智大学大学院文学研究科特別研究員)
中野 遙 (上智大学大学院博士後期課程)
上智大学在学生
司会 豊島 正之(上智大学文学部教授)

[懇親会](午後六時~) 〔会場〕上智大学二号館五階教職員食堂 〔会費〕四千円