日本キリスト教文学会・関西支部冬季大会(2018年1月27日、関西学院大学F号館 2F)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr

研究会情報です。

●公式サイトはこちら
http://nihonchristkyobungakkai.web.fc2.com/kansai2017winter.pdf

--------------------

開催日時 2018年1月27日(土)13時(受付開始12:30)
会場 関西学院大学F号館2F

〒662ー8501西宮市上ヶ原一番町1-155
0798ー54ー6218(日文)

プログラム
運営委員会(11:00) 関西学院会館レストランポプラ

1.開会の辞(13:00)
日本キリスト教文学会関西支部長 細川正義

2.研究発表(13:10~14:00)
「ギャスケルの『クランフォード』、『北と南』と『従妹フィリス』に見る新しい女性像」
関西学院大学院言語コミュニケーション文化研究科 劉煕

司会 永岡規伊子

3.公開討論会(14:20~17:20)
遠藤周作文芸とキリスト教――『沈黙』をめぐって――
(司会)大阪成蹊短期大学 川島秀一

『沈黙』論――ロドリゴと寿庵――
大阪産業大学非常勤講師 北田雄一

「切支丹物」としての『沈黙』―柴田錬三郎との関わりを中心として―
京都外国語大学 長濵拓磨

グレアム・グリーン『力と栄光』―遠藤周作『沈黙』の起点として
四国大学 阿部曜子

4.報告(17:20~17:40)
関西支部事務局長 広島女学院大学 足立直子

5.閉会の辞
関西学院大学 岡田弥生

懇親会 (18:00より)
会場 関西学院会館翼の間
会費 6000円(学生会費4000円)


〒732-0063
広島市東区牛田東4-13-1広島女学院大学
足立直子研究室日本キリスト教文学会関西支部事務局