絵入本ワークショップⅪ【韓国日語日文学会・2018年冬季国際学術大会】(2018年12月15日(土)11:30-18:00、2018年12月16日(日)10:00-16:00、韓国・明知大学)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr

研究会情報です。

●公式サイトはこちら
https://www.facebook.com/satoru.sato.7127/posts/1206453282836368

--------------------

韓国日語日文学会
2018年冬季国際学術大会
日時:2018年12月15日(土)11:30-18:00
   2018年12月16日(日)10:00-16:00
場所:明知大学
( ソウル市西大門区南加佐洞50-3 )

<国際シンポジウム>
日本文学と挿絵リテラシー

主催: 韓国日語日文学会 明知大学日語日文学科
共催: 日本絵入本学会, 国文学研究資料館, 東洋文庫, 一般社団法人 美術フォーラム21, 実践女子大学文芸資料研究所, フランス極東学院
∎古典文学3(絵入本ワークショップⅪ) 2018年12月15日(土)    
第 3 発表会場
座長 : 이준섭 (경북대)
11:30-12:00 受付

12:00-12:30
飯倉洋一(大阪大)
『摂津名所図会』における挿絵の役割
        討論:이현영(건국대) 司会:최태화(광운대)

12:30-13:00
高永珍(同志社大) 
「意馬心猿」図と『紀三井寺開基』の挿絵
-相違の要因としての演出と図様の展開-
        討論:김학순(고려대) 司会:최태화(광운대)

13:00-13:30
高杉志緒(釜山日本文化研究所)
斎藤秋圃の挿絵本について
  討論:康志賢(全南大) 司会:神林尚子(鶴見大)

13:30-14:00
개 회 식 개 회 사 :허영은(한국일어일문학회 회장)
축 사 :
사 회 :
14:00-15:30 국제심포지엄
주 제 : 일본문학과 삽화 리터러시 (日本文学と挿絵リテラシー)
강 연 : 延広眞治(東京大学), 佐藤悟(実践女子大学)
지정토론 :
사 회 :
15:30-16:00 休憩

                                  座長 : 구정호(중앙대)
16:00-16:30
洪晟準(檀国大)
知識伝達媒体としての挿絵
        討論:편용우(전주대) 司会:박희영(대진대)

16:30-17:00
神作研一(国文学研究資料館)
〈和歌絵本〉と絵入り歌書刊本
     討論:金裕千(祥明大) 司会:上野英子(実践女子大)

17:00-17:30
18:00- 懇親会

∎古典文学4(絵入本ワークショップⅪ)  2018年12月15日(土)
第 4 発表会場
    座長 : 황소연 (강원대)

11:30-12:00 受付

12:00-12:30
武藤純子(跡見学園女子大)
『絵本小倉錦』の出版経緯と特色-跡見学園女子大学図書館蔵本に注目して-
    討論:手島崇裕(慶煕大)司会:小林ふみ(法政大)

12:30-13:00
小笠原広安(駒澤大)
「蛇を咥える蛙」の図に関する一考察
  討論:斉藤歩(ソウル大) 司会:吉丸雄哉(三重大)

13:00-13:30
片龍雨(全州大)
歌舞伎における老いの描写
        討論:韓京子(慶煕大)
        司会:河合眞澄(大阪府立大学名誉教授)

13:30-14:00 개 회 식 개 회 사 :허영은(한국일어일문학회 회장)
축 사 :
사 회 :
14:00-15:30
국제심포지엄 주 제 : 일본문학과 삽화 리터러시 (日本文学と挿絵リテラシー)
강 연 : 延広眞治(東京大学), 佐藤悟(実践女子大学)
지정토론 :
사 회 :
15:30-16:00 休憩

16:00-16:30
金英珠(韓国外国語大)
視覚化から見る神話の生成と変容
討論:홍성목(울산대) 司会:木越俊介(国文学研究資料館)

16:30-17:00
井上泰至(防衛大)
絵入り本の「黄昏」-正岡子規の受容-
           討論:河野龍也(実践女子大)
           司会:木越俊介(国文学研究資料館)

17:00-17:30
18:00- 懇親会

∎ 古典文学5(絵入本ワークショップⅪ)  2018年12月16日(日)
第 1 発表会場
座長 :佐藤悟(実践女子大)

9:30-10:00 受付

10:00-10:30
金美眞(ソウル女子大)
ソウル大学図書館所蔵合巻の装丁-文政期以後の作品を中心に―
    討論:神林尚子(鶴見大)司会:片龍雨(全州大)

10:30-11:00
松原哲子(実践女子大)
草双紙試論-呼称・内容と時代との関係について-
    討論:康志賢(全南大) 司会:片龍雨(全州大)

11:00-11:30
神林尚子(鶴見大)
『〈お竹大日如来〉稚絵解』の成立とその背景
討論:金美眞(ソウル女子大) 司会:洪晟準(檀国大)

11:30-12:00
曽田めぐみ(東京国立博物館)
幕末期の合巻からみる摩耶夫人のイメージ-朝鮮仏画「釈迦誕生図」とのかかわりから-
    討論:류정훈(고려대) 司会:洪晟準(檀国大)

12:00-14:00 昼食
         座長 : 服部仁(同朋大)

14:00-14:30
康志賢(全南大)
三亭春馬作合巻『紫菜浅草土産』の書誌考-摺付表紙及び、板元文会堂山田屋佐助と錦重堂上州屋重蔵を中心に-
  討論:吉丸雄哉(三重大) 司会:松原哲子(実践女子大)

14:30-15:00 山本和明
(国文学研究資料館) 覆刻本版下について-草双紙を例に-
  討論:髙木元(大妻女子大) 司会:松原哲子(実践女子大)

15:00-15:30
吉丸雄哉(三重大)
絵入本にみる忍び装束の発生と定着
    討論:최태화(광운대) 司会:韓京子(慶煕大)

15:30-16:00
崔京国(明知大)
浅井了意『三綱行実図』の挿絵
 討論:斉藤歩(ソウル大)  司会:韓京子(慶煕大)

16:00- 懇親会