日本医学史研究者の旧蔵書、没後70年以上の時を経て『デジタル富士川』として一堂に(京都大学図書館機構と慶應義塾大学メディアセンターが所蔵する古医書コレクション「富士川文庫」の画像データを統合表示する試行ウェブサイトを公開)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr

【京都大学図書館機構と慶應義塾大学メディアセンターは、「富士川文庫デジタル連携プロジェクト」(通称「デジタル富士川」)に関する覚書を締結し、デジタル画像相互運用のための国際規格IIIF(International Image Interoperability Framework)を用いて、両大学が所蔵する古医書コレクション「富士川文庫」の画像データを統合表示する試行ウェブサイトを、2018年9月28日に公開しました。】
つづきはこちらから。京都大学図書館機構。
http://www.kulib.kyoto-u.ac.jp/bulletin/1379558