毎日メディアカフェ「小説は東日本大震災を描けるのか?~「美しい顔」騒動から見えるもの」【日比嘉高氏・石戸諭氏】(2018/10/11(木)18:30-20:00、毎日新聞東京本社1階「MOTTAINAI STATION」、要申し込み)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr

講演会情報です。

●公式サイトはこちら
https://mainichimediacafe.jp/eventcal/?yy=2018&mm=10#l4682

--------------------

※申込は上記サイトへ。

【芥川賞候補になった小説「美しい顔」。東日本大震災を正面から取り上げ、発表直後から大きな話題になりました。しかし、皮肉なことに話題のピークはノンフィクション作品からの「盗用」疑惑が指摘された直後でした。小説は東日本大震災を描きうるのか? 小説と事実と記録の関係は、どうあるべきなのか?
「美しい顔」を「上半期の新人作でベスト」と評した気鋭の文学者、日比嘉高・名古屋大学大学院人文学研究科准教授と、同作を「問題が多い作品」と批判してきたノンフィクションライターの石戸諭さんが意見を交わします。二人の見方はどこで一致し、どこが違うのでしょうか。】

2018/10/11(木)18:30-20:00
■開催概要
開場 18:00 開演 18:30
終演 20:00 定員:30名