第124回 日本音楽学会中部支部 定例研究会(2018年(平成30年)12月15日(土) 13時30分~、名古屋芸術大学東キャンパス5-301 教室)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr

研究会情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.msj-chubu.org/

--------------------

日時:2018年(平成30年)12月15日(土) 13時30分~
場所:名古屋芸術大学東キャンパス5-301 教室

司会:金子敦子(名古屋芸術大学)

【研究発表】

1. 宗ティンティン(中部大学国際関係学部)
「中国琵琶ティンティンが語る――五行と五臓と五音」

2. 七條めぐみ(日本学術振興会特別研究員PD/愛知県立芸術大学非常勤講師)
「大正時代の名古屋における"俘虜楽団"――そのルーツをたどる(仮)」

3. 馬場雄司(京都文教大学 総合社会学部 総合社会学科 教授)
「農村のポピュラー文化―タイにおけるグローバル化と伝統文化保存・復興運動のはざま」