研究集会「絵巻・絵本研究を中心として」(2018年9月23日(日)11:00~17:30、学習院女子大学 2号館 235・236 教室)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr

研究会情報です。

●公式サイトはこちら
https://sites.google.com/site/emonogatari0nagoya/schedule/workshop

--------------------

日時 2018年9月23日(日)11:00~17:30
会場 学習院女子大学 2号館 235・236 教室

【講演】 11:00~12:40
佐野みどり氏(学習院大学教授)
「お伽草子絵巻の魅力一心なき身と風月の道」
勝俣 隆氏(長崎大学名誉教授)
「お伽草子(中世小説・室町物語)における挿絵と本文の関連を追い続けて四十年」

【研究発表】1 13:40~15:10
江口 啓子(豊田工業高等専門学校)
「見る女房、語る女房一『ちごいま』絵巻の描かれた女房たち」
末松 美咲(名古屋大学)
「絵草紙屋における詞と絵一性空型『硯わり』を中心として一」
滝澤 みか(国文学研究資料館)
「『保元物語『平治物語』の挿絵の展開一版本・奈良絵本を中心に―」

【研究発表】2 15:30~17:30
杉山 和也(青山学院大学)
「エルヴィン・フォン・ベルツと、そのコレクション 一度目の調査を踏まえて一」
横山 恵理(大阪工業大学)
「法華寺蔵『七草絵巻』の絵をめぐって」
猪瀬 千尋(名古屋大学)
「海の説話、山の説話一「信貴山縁起絵巻」と飛鉢譚をめぐって」

○個人コレクション展示 於・学習院女子大学2号館1F 文化交流ギャラリー
展示目録作成ディレクター:伊藤 慎吾

【主催】頭脳循環プログラム「西欧の日本学研究者とのネットワークを通じた日本人若手研究者の国際化一絵写本・版本研究を中心として」(研究代表者:近本謙介)
【共催】学習院女子大学 国際学研究所
【連絡先】 頭脳循環プロジェクト事務局(名古屋大学)