佛教史学会9月例会・宮嶋 純子さん(関西大学東西学術研究所)「ベトナム・バクザン省ボーダー(補陀)寺所蔵典籍に関する基礎的検討」(2018年9月15 日( 土 )午後2時より、大谷大学 慶聞館4階 K401)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr

研究会情報です。

●公式サイトはこちら
http://bukkyoshigaku.jp/wordpress/archives/meeting/1869/

--------------------

題 目:ベトナム・バクザン省ボーダー(補陀)寺所蔵典籍に関する基礎的検討
報 告:宮嶋 純子さん(関西大学東西学術研究所)
日 時:2018年9月15 日( 土 )午後2時より
場 所:大谷大学 慶聞館4階 K401

参考文献:
大西和彦「ベトナム」、佛教史学会編『仏教史研究ハンドブック』第1部第2章第8節、法蔵館、2017年、68-71頁
石井公成「ベトナムの仏教」、『新アジア仏教史10 漢字文化圏への広がり』第7章、佼成出版社、2010年、335-391頁

◎事前申込不要・無料。一般の方の来聴も歓迎します。
◎例会発表者を随時募集しております。
◇ご所属の機関等でのご紹介、ご掲示等をお願いします。