前橋文学館リーディングシアターvol.5 寺山修司作「青森県のせむし男」(2018年06月23日(土)、前橋文学館3階ホール、14時開演(開場13時30分)、入場料:無料)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr

イベント情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.maebashibungakukan.jp/event

--------------------

【1967年3月に演劇実験室「天井棧敷」の旗上げ公演として上演され、20才の萩原朔美が初めて出演した「青森県のせむし男」が、萩原朔美の演出により、今 蘇ります。3階ホール前の展示スペースには当時の公演の様子を撮影したパネルも設置。萩原朔美や主演の丸山(美輪)明宏氏らの様子をご覧いただけます。
※14時からの回は満席となりました。たくさんのお申し込みをありがとうございました。それを受けて、午前11時からのゲネプロを公開いたします。】

出演  篠井英介、手島実優、雨宮潤、荒瀬友美、生方保光、大月伸昭、中村ひろみ、萩原朔美


期 間:2018年06月23日(土)
会 場:前橋文学館3階ホール
時 間:14時開演(開場13時30分)
入場料:無料

先着100名。申し込みは5月13日(日)9:00よりお電話にて前橋文学館まで(027-235-8011)