芭蕉会議・7月の「論文を読む会」(平成30年7月14日(土)、14時30分~17時、東洋大学白山校舎6号館 谷地教授研究室)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr

研究会情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.basho.jp/notice.html

--------------------

◆ 発表テーマ 正教寺における芭蕉受容序説 ―文暁の事跡を中心に―
◆ 発表者 眞杉泰輝(窓花)
◆ 日 時 平成30年7月14日(土)、14時30分~17時
◆ 場 所 東洋大学白山校舎6号館 谷地教授研究室
◆ 発表概要 管見によれば、いわゆる『花屋日記』の著者藁井文暁の人生を俯瞰した研究は殆んどない。しかし、この度、彼が住持をつとめた正教寺(熊本県八代市)の寺伝を入手した。そこで、文暁の事跡を略年譜に整理し、その他の資料と付き合わせながら、俳僧としての文暁像と、蕉門俳人の九州行脚が正教寺に与えた影響を明らかにしたい。
◆ その他 終了後周辺の店で軽い懇親会を行います。