静嘉堂文庫美術館「―明治150年記念― 明治からの贈り物」展(2018.7.16〜9.2)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr

展示会情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.seikado.or.jp/exhibition/next.html

--------------------

静嘉堂文庫美術館「―明治150年記念― 明治からの贈り物」展(2018.7.16〜9.2)

【経済的な分野のみならず、芸術文化の支援によっても日本を支えたいと願った静嘉堂の創始者、岩﨑彌之助(1851-1908・三菱第2代社長)と岩﨑小彌太(1879-1945・三菱第4代社長)父子が蒐集した古典籍・美術コレクションには、彼らと同時代の、近代の作品も多く収蔵されています。
本展では明治の美術品を中心として、近代絵画で初めて重要文化財の指定を受けた橋本雅邦の「龍虎図屏風」を含む、第四回内国勧業博覧会(明治28年〈1895〉開催)出品の屏風の数々、修理後初公開となる河鍋暁斎の代表作「地獄極楽めぐり図」の画帖、そして当時の洋画界で、"裸体画論争"に及んだ、わが国"ヌード"の先駆的作品、黒田清輝「裸体婦人像」など、話題の名品が公開となります。
また今日"超絶技巧"とも称され、人気の高い明治工芸品からは、刺繍・金工・七宝・漆芸・陶磁器、それぞれ名工の"力作"が並びます。
今日に伝えられた明治の美と技の世界を、緑眩い静嘉堂の100年の杜の中で、どうぞ心ゆくまでお楽しみください。】