NINJALコロキウム・講演会 第94回・定藤 規弘 (生理学研究所 教授)「ヒト高次脳機能へのイメージングによるアプローチ : 人文科学と生理学の連携に向けて」(2018年7月3日 (火) 15:30~17:30、国立国語研究所 2階 多目的室)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr

研究会情報です。

●公式サイトはこちら
https://www.ninjal.ac.jp/event/specialists/colloquium/

--------------------

会場 : 国立国語研究所 2階 多目的室
日時 : 2018年7月3日 (火) 15:30~17:30
講師 : 定藤 規弘 (生理学研究所 教授)
専門領域 : 神経科学,画像診断学
主要業績 :
Takanori Kochiyama, Naomichi Ogihara, Hiroki C. Tanabe, et al. (2018) Reconstructing the Neanderthal brain using computational anatomy. Scientific Reports 8.
Takahiko Koike, Hiroki C. Tanabe, Shuntaro Okazaki, et al. (2016) Neural Substrates of Shared Attention as Social Memory: A Hyperscanning Functional Magnetic Resonance Imaging Study. Neuroimage 125: 401-412.
Ryo Kitada, Kazufumi Yoshihara, Akihiro T. Sasaki, et al. (2014) The Brain Network Underlying the Recognition of Hand Gestures in the Blind: The Supramodal Role of the Extrastriate Body Area. The Journal of Neuroscience 34: 10096-10108.
Keise Izuma, Daisuke N. Saito and Norihiro Sadato (2008) Processing of Social and Monetary Rewards in the Human Striatum. Neuron 58: 284-294.