講演会「言語学はどのように 言語教育に役立つか -ハーバード大学日本語教育プログラムからの発信-」(2018年5月24日(木)18:00-19:30、東京外国語大学 府中キャンパス アゴラグローバル プロメテウスホール)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr

講演会情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.tufs.ac.jp/icjs/events/2018/201805242.html

--------------------

日時:2018年5月24日(木)18:00-19:30

場所:東京外国語大学 府中キャンパス アゴラグローバル プロメテウスホール

一般公開(無料)どなたでもご参加できます

講演者:ウェスリー・ヤコブセン教授
(ハーバード大学教授・国立国語研究所客員教授)

報告「アメリカの大学における日本語教育事情調査と学習者の意識」
望月圭子(東京外国語大学 総合国際学研究院)

主催
科研基盤B 「国際連携・高大による双方向英語・中国語・日本語学習者コーパスの研究」(17H02357)

共催
東京外国語大学国際日本研究センター国際日本語教育部門