日本記号学会第38回大会「食(メシ)の記号論」(2018年5月19日(土)・20日(日)、名古屋大学情報学部ほか)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr

研究会情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.jassweb.jp/?p=757

--------------------

2018年5月19日(土)・20日(日)
於:名古屋大学情報学部ほか
(名古屋市千種区不老町1)
主催:日本記号学会

【ごあいさつ
大会実行委員長:秋庭 史典(名古屋大学准教授)
日本記号学会第38回大会を、2018年5月19日(土)、20日(日)の2日間、名古屋大学にて開催いたします。今回のテーマは、「食(メシ)の記号論」です。食は土地や文化を記号化する最適な手段のひとつです。記号論においても、ロラン・バルト(『表徴の帝国』)、レヴィ=ストロース(料理の三角形 『神話論理』)など、多くの人がそれを論じてきました。本大会では、3つのセッションを用意し、食をめぐる講演と討論を行います。
「人間にとって食とは何か」また「食は戦後から今に至るまでにどのように変化してきたのか」に関して哲学・人類学の立場からご講演いただく第1セッション。ポップカルチャー、なかでも「マンガにおける食の表象」をめぐって、マンガ研究者とマンガ制作者にご講演いただく第2セッション。伝統的でありながら未来の食とも言われる「昆虫食」なかでも「ハチ追い・ハチ食」をテーマに活動を行う作家にご講演いただくとともに、ここまでのセッションをふまえて「食のこれから」を総合的に討論する第3セッション。どれも興味深い話題ばかりです。みなさまのご参加を心よりお待ちしています。】

【1日目】5月19日 (土)
 第1セッション:メイン会場(情報学研究科棟1F 第1講義室)
 13:30 受付開始
 14:00 - 14:30 総会

 14:40 - 15:00 問題提起:秋庭史典大会実行委員長(名古屋大学)

 15:00 - 17:30
  第1セッション「食の原点と現在」
   檜垣立哉(哲学/大阪大学)
   久保明教(社会人類学/一橋大学) 
   司会:河田学(京都造形芸術大学)

 18:00 - 19:30 懇親会(名古屋大学南部生協食堂2F彩)※要事前申込

【2日目】5月20日 (日)
 学会員による研究発表:情報学部棟4F
 第2・第3セッション:メイン会場(情報学研究科棟1F 第1講義室)
 10:30 - 12:00
  学会員による研究発表 ★
   分科会A:SIS2教室
   分科会B:SIS4教室

 (12:00 - 13:30 昼食休憩)

 13:30 - 15:00
  第2セッション「マンガにおける食の表象」
   吉村和真(思想史・マンガ研究/京都精華大学)
   おおひなたごう(ギャグマンガ/京都精華大学)
   司会:佐藤守弘(京都精華大学)

 15:20 - 17:00
  第3セッション「全体討論ー食は幻想か?」
   山口伊生人(ハチ追い・ハチ食文化研究)
   司会:室井尚(横浜国立大学)

 17:00 閉会の辞:前川修会長(神戸大学)

★学会員による研究発表(分科会)
分科会A(SIS2教室) 司会:水島久光(東海大学)
【発表1】
 会計言語説の展開可能性
 岡村雄輝(鹿児島県立短期大学)
【発表2】
 パース的観点からの「自己制御」を通じた社会性の獲得について
 佐古仁志(立教大学)
分科会B(SIS4教室) 司会:小池隆太(山形県立米沢女子短期大学)
【発表1】
 集団的な〈記憶装置〉としての記念碑―クシシュトフ・ヴォディチコのアート・プロジェクト研究
 瀧健太郎(横浜国立大学)
【発表2】
 怪獣の表象性の研究―『ウルトラ(マン)』シリーズの怪獣は何を表象してきたか
 神谷和宏(北海道大学)
【発表3】
 日本の戦後デザインにおける文字組み規範の成立をめぐる一考察
 阿部卓也(愛知淑徳大学)