国立国会図書館 説明会「ジャパンサーチ(仮称)・フェーズゼロ~分野横断統合ポータル構築に向けて」(2018年 5月16日(水) 15時00分~17時15分 (14時30分開場)、国立国会図書館 東京本館 新館 講堂 、要申し込み)

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr

説明会情報です。

●公式サイトはこちら
http://www.ndl.go.jp/jp/event/events/201805jps.html

--------------------

※申し込み方法は上記サイトへ。

日時 2018年 5月16日(水) 15時00分~17時15分 (14時30分開場)
会場 国立国会図書館 東京本館 新館 講堂
国立国会図書館 関西館 第一研修室(テレビ会議システムによる中継。関西館側からも質疑をお受けします。)
募集人数 (東京本館)300名 (関西館)60名
(先着順。定員に達し次第、募集は終了いたします。)
参加費 無料

プログラム

第一部: 分野横断統合ポータル「ジャパンサーチ(仮称)」について

・デジタルアーカイブの推進に係る国の動きについて
内閣府知的財産戦略推進事務局参事官 岸本 織江

・文化庁におけるデジタルアーカイブの推進について
文化庁長官官房審議官 永山 裕二

・国の分野横断統合ポータル「ジャパンサーチ(仮称)」との連携について
国立国会図書館電子情報部副部長 木藤 淳子

・ジャパンサーチ(仮称)プロトタイプのイメージ紹介
国立国会図書館電子情報部電子情報企画課職員

第二部:ジャパンサーチ(仮称)への期待

講演「ジャパンサーチ(仮称)がもたらすさまざまな効用」
慶應義塾大学総合政策学部教授 國領 二郎

パネルディスカッション「ジャパンサーチ(仮称)の実現で何ができるか」
モデレーター: 東京国立博物館学芸企画部博物館情報課長 田良島 哲
パネリスト: 慶應義塾大学総合政策学部教授 國領 二郎
神奈川県立近代美術館館長 水沢 勉
国立科学博物館標本資料センター副コレクションディレクター 細矢 剛
青空文庫 大久保 ゆう