第118回 訓点語学会研究発表会(平成30年5月13日(日)、京都大学文学部(第3講義室))

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr

研究会情報です。

●公式サイトはこちら
http://kuntengo.com/conference/

--------------------

と き  平成30年5月13日(日)
ところ  京都大学文学部(第3講義室)
    (京都大学文学部ホームページアクセスマップ参照)
○住所 〒606-8501 京都市左京区吉田本町
○電話 (075)753-2824(京都大学文学部国語学国文学研究室)

プログラム
○研究発表(午前10時)
一、清原家「大学抄」の系統分類に関する再考
張硯君

二、観智院本『類聚名義抄』の小字字体注記について
張馨方

三、観智院本『類聚名義抄』の熟語項目と異体項目
劉冠偉・ 鄭門鎬・ 池田証壽

(午後1時30分)

四、文体史より見た「日が沈む」表現の定着過程に関する一考察
杉山俊一郎

五、Toward a Set of Glossing Rules and Abbreviations for Citing Kundoku Texts
(英語論文における訓点資料の記述方法と省略記号についての試案)
Matthew Zisk(ジスク マシュー)

六、古辞書の意義分類と古記録―『色葉字類抄』と『明月記』を例として―
藤本灯

(午後3時30分)

七、「之」字の陳述用法についての一考察―平安時代後半期古記録を中心に―
柳原恵津子

八、階層構造から見た唐鈔本漢書楊雄伝の研究課題
小助川貞次

九、行書体の字体―正倉院本「詩序」を例として―
石塚晴通・李乃琦

○ 総会
○ 懇親会(於カンフォーラ 京都大学正門西側)