高山寺典籍文書綜合調査団『平成二十九年度 高山寺典籍文書綜合調査団 研究報告論集』(平成三十年三月)【山喜房佛書林で販売中】

このエントリーをはてなブックマークに追加 Clip to Evernote Share on Tumblr

高山寺典籍文書綜合調査団様より頂きました。

20180322.jpg

高山寺典籍文書綜合調査団
『平成二十九年度 高山寺典籍文書綜合調查団 研究報告論集』(平成三十年三月)
B5判・並製・118頁
平成三十年三月三十一日発行
高山寺典籍文書綜合調査団(代表者 石塚晴通)

【山喜房佛書林で販売中です】

【目次】

高山寺典籍文書綜合調査團略記錄(續)
高山寺と『釈摩訶衍論』(末木文美士)
『方便智院聖教目錄』(新目録)に付された角筆の合点(徳永良次)
高山寺蔵『打聞集』について 付·翻刻(一)(磯貝淳一)
篆隸万象名義全文テキストデータベース構築からHDICへの展開(池田証寿)
高山寺蔵南宋版『円覚経略疏』(影印)(池田証寿)
漢字の出現頻度と活字コマの在庫状況の関係について―槇尾平等心王院古活字本を例としてー(白井純)
高山寺蔵『小寶螺講日記』について―建久六年(一一九五)神護寺十無盡院における明恵、定真、喜海(義誓)の接点―(土井光祐)
高山寺蔵『法華義疏 巻一』院政期点釈文試案(九)(古田恵美子)
高山寺蔵本大毗盧遮那成佛経疏巻第十五康和点訳文稿 (十四)(月本雅幸)
『却癈忘記』に見られるひらがなについて―『夢記』『上人之事』及び『中外抄』『富家語』との比較―(山中延之)

高山寺典籍文書綜合調查團團員研究調查報告
あとがき
『高山寺資料叢書』既刊分一覽
『高山寺資料叢書』續刊書目案
高山寺典籍文書綜合調查團名簿