パブリシティ情報アーカイブ

  1. 熊本日日新聞文化欄にて、『石牟礼道子と〈古典〉の水脈――他者の声が響く』が紹介されました(5月31日(水)付)
  2. 『プレジデントFamily』2023年7月号「わが子の選択肢が広がる『お仕事マンガ』」にて、 滝登くらげ『学芸員の観察日記 ミュージアムのうらがわ』(文学通信)が掲載されました
  3. 東奥日報(2023.5.11)文化面で、『土偶を読むを読む』(文学通信)が紹介されました「土偶の正体、現実的に検証」
  4. 2023-05-08読売新聞 夕刊にて『学芸員の観察日記 ミュージアムのうらがわ』が紹介されました(評者: 倉持佳代子(京都国際マンガミュージアム学芸員))
  5. 和学の手引書、現代語訳加え出版 江戸後期、小城藩医が著した「和学知辺草」 佐賀大学・中尾教授ら「当時の最先端知識」(佐賀新聞)
  6. 琉球新報2023年4月30日に、<書評>『おもろさうし選詳解』 復帰とともに歩んだ研究(古橋信孝・武蔵大名誉教授)、掲載
  7. 読売新聞2023.4.30(日)読書欄「読書情報」にて、渋谷綾子・天野真志編『古文書の科学 料紙を複眼的に分析する』が紹介されました
  8. 山陽新聞文化面(2023.4.9)にて編者堀新氏へのインタビューが掲載されました。堀 新・井上泰至編『家康徹底解読 ここまでわかった本当の姿』
  9. 会誌『記録と史料』第33号にて、 人間文化研究機構「歴史文化資料保全の大学・共同利用機関ネットワーク事業」監修・天野真志・後藤 真編『地域歴史文化継承ガイドブック 付・全国資料ネット総覧』が紹介されました
  10. 『中国研究月報』2023年3月号にて、 はちこ『中華オタク用語辞典』の書評が掲載されました(評者・堀内淳一氏)