学会賞等受賞情報アーカイブ

  1. 第11回日本古典文学学術賞に、大石真由香氏、高松亮太氏、裵寛紋氏の3名が決定
  2. 第28回中村元東方学術賞に、高橋孝信博士(東京大学名誉教授)。第4回中村元東方学術奨励賞に猪瀬千尋博士(名古屋大学大学院附属人類文化遺産テクスト学研究センター研究員)。
  3. 第十三回全国大学国語国文学会賞に池原陽斉氏『萬葉集訓読の資料と方法』(全国大学国語国文学会)
  4. 平成29(2017)年度文学・語学賞に池田茉莉乃氏(フェリス女学院大学院生)「「問賜」ふ天宇受売神―『古事記』「天孫降臨」段の誰何の場面をめぐって―」(全国大学国語国文学会)
  5. 第1回 中世文学会賞に、田口暢之氏(鶴見大学専任講師)。研究業績「二十八品歌の詠法─本歌取り作を中心に─」。
  6. 関根賞第十三回(通算二十五回)に、金光桂子氏『中世の王朝物語 享受と創造』 (二〇一七年五月 臨川書店)
  7. 第十四回 日本近世文学会賞選考結果が公開に(荻原大地氏「「佐倉惣五郎物」実録の系譜ー『佐倉花実物語』の位置づけをめぐってー」)。
  8. 本学の矢羽勝幸客員教授が、「信毎賞」を受賞しました(二松學舍大學)
  9. 2018年度日本語学会春季大会発表賞に、山際彰氏「時を表す語における語義変化の方向性―サキザキを中心に―」
  10. 小川剛生著『兼好法師 徒然草に記されなかった真実』が西脇順三郎学術賞を受賞(web中公新書)